手術の影響

患者の求める美しさを効率よく実現するために必要な事は、最終的にどのようになりたいかという明確なビジョンだと言えます。
このビジョンが不明瞭であれば、自ずと成功の確率も少なくなってしまうのです。
どのようになりたいかを上手く言葉に出来ないという患者さんも多く存在することでしょう。
そのような場合は、クリニック側の医師によって情報を引き出していく必要があるといえるのです。

美容外科の有する様々な技術は、想像をはるかに超える成果を上げてきました。
品川美容外科は、美容外科業界の中でも最大手であり、常に最新の医療技術を患者に提供してきました。
顔のたるみを改善するリフトアップ法、瞼を切開し二重を作り出す方法など、多数の医療技術を利用することで、患者の理想を実現することができたのです。
品川美容外科の訴訟問題では、前述のリフトアップ法も、訴訟内容の一つとなっています。

患者にとって有意義な結果を得られなかったばかりか、体に悪影響をおよぼすこととなってしまった。
このような問題は、患者にとって失望を感じさせる物となってしまったのでしょう。
患者にとって有意義であるか否かという判断は、処置を施す以前に医師の方で判断することが一般的です。
この判断のためには、患者の有する多数の情報や、隊長などを多数把握しておく必要があるといえるのです。
そのために、医師疎通は必要不可欠だったのです。